送風試験概要

設計したファンが要求されている性能を満たしているかどうか知りたい。

送風機やファンの設計はとても複雑です。
ファン本体の大きさ、羽の形状、羽根取り付け角度、羽根R、羽根長さ、羽の数、に始まり ケースとの相性、モーターとの相性を考慮すると数えきれないほど多くの組み合わせが存在します。

当社は前身の(株)仁和製作所時代からの引き継いだ五十数年に渡る送風研究、送風機開発技術に 基づき、信頼度の高い送風試験とデータ計測を行う事が出来ます。

当社試験データは多くの得意先で、性能向上、省エネルギー化、開発期間の短縮、コスト 削減に役立っています。

安価な輸入品を使いたいが、性能を確認したい。

価格メリットの高い中国製及び台湾製部品の採用はコスト競争の厳しい製造業界では避けられない流れです。
しかしその製品が要求される性能を満たすかどうかの検証は充分されていないのが実情です。
少なくとも、電圧、モーターの仕様が国内と異なる事による性能差、は確認しなければなりません。
当社では輸入ファンや完成部品の風量測定、送風試験も承ります。 動作環境等も詳細に設定する事が可能ですのでご相談下さい。

ファンのバランスを取りたい。

バランス修正はお任せください。
金属、樹脂を問わずファンのアンバランス修正、測定を承ります。
技術と経験を生かし試作ファン製作、送風機用金型製作等も承ります。

注)出張測定は行っておりません。

送風試験事業にもどる | ホームにもどる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする